Te Hong の気まぐれブログ

おひまなら見てよね、ってことで。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

金柳条

秋晴れのさわやかな一日となりました。
皆様いかがおすごしでしょうか。。。 

前ふりはこのぐらいで、 中国茶を淹れてみます。

武夷岩茶 金柳条 
126.jpg

127.jpg

128.jpg

90年代になって再生産の始まったお茶です。 一時期衰退して飲めないお茶だったようです。

味は少々スパイシーな感じで、後味の抜ける感じがスーっとします。
特徴がはっきりしていて、飲みやすいです。

茶葉が柳のように細いのが特徴なのですが、見たところそれほどでもないですねぇ。

7煎目までしっかりいただけます。

甘いものと一緒に、ゆっくりお茶を楽しんでください。

スポンサーサイト

白茶を淹れてみます

日に日に涼しくなってきました。 

一応お茶を扱う店なので、淹れてみます。

白茶です。
左から 07年寿眉・白毫銀針・白牡丹
112.jpg
小皿は中村清六作 
左から白磁輪花小皿・桃形小皿・八角小皿

113.jpg
湯温は80℃を若干下回るくらいの温度が柔らかくまろやかな香りが楽しめます。水色は寿眉(左)が熟成されている分、若干濃くなります。
114.jpg
杯に淹れた水色

白茶はすっきりとして、渋みがなく余韻はほんのり甘みが残ります。
白茶についての詳しい講釈はヴィキなどをご覧ください。
めんどくさがりですみません。 ゴニョゴニョしたことは他に任せます。
私は、お茶汲みですからね。

さて、残った白茶をのんびりいただくとしますか・・・。

お茶花

当店のお客さま。

お茶花の先生をなさっています。

これから毎月数回ずつお茶花を活けにお越しいただけることになりました。

100_0086_R.jpg

熊谷草
蘭科の花です。
詳しいことはこちら

59jpg.jpg

白山吹
丁子草
芍薬


お茶花は自然に咲く草花をそのままの姿で飾らずに、それでいて美しく自然の力強い大地の気を大切にしています。

美しい植物にいつも囲まれて、そして命の鼓動を感じられることは最高の贅沢です。

お茶屋さんをやっていて本当によかった。

みなさまに感謝です。 

ありがとうございます。

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。